BLAND

日本 1995年~

フォーナインズは、純金の品質表示に由来しております、常に最高純度の品質を目指して努力し続けるという意味がこめられています。『眼鏡は道具である。』をコンセプトに、視力矯正器具に求められる機能を磨き上げることで、高い機能性と美しいフォルムを表現するフレームを生み出してきました。

ベルギー 1989年~

テオはベルギーのアントワープで誕生しました。パトリック フートとウィム ソーメルスの2人によってデザインされております。 シンプルな線で構成されたモダンアートを意識した眼鏡は、ちょっと上級者向けでは?と思っていても、実際に掛けてみると明るく、表情豊かな印象になります。  テオを掛けている満足感を是非ご体感くださいませ。

日本 2001年~

イエローズプラスは時代を問わない普遍的な美しさを備えたアイウェアです。肩の凝らない自然なクラシック・スタイルこそがイエローズプラスの理想の理想です。 また、イエローズプラスは日本製に拘っております。 デザイナーのイメージをきちんと形にするためには、福井県の熟練職人の技が欠かせません。イエローズプラスのアイウェアが世界的に高い評価を得ている大きな理由のひとつが、そのえもいわれぬ上質感やクオリティの高さなのはいうまでもありません。


日本 1996年~

福井県鯖江市の眼鏡製造技術は世界に誇れるもので、ジャポニスムはその世界最高水準の技術によって作られております。 最近は冷間鍛造にシンプルでありながら、存在感のあるフレームを生み出しております。 また、竹などの自然素材を使った眼鏡もとても評価が高いです。

日本 1995年~

クラシックな中に時代に合ったデザインを作り上げているCLAYTON FRANKLINです。 日本製の眼鏡ですが、主にアメリカやヨーロッパなどで展開されており、国産の高品質で繊細なデザインが欧米で評価が高い眼鏡ブランドです。

日本 1998年~

ベセペセは女性の方のためのアイウェアブランドです。 BCPCが目指すのは、かけるだけで魅力を呼び覚ますアイウェアです。 お顔の中心にくるメガネは皆様の印象を変えるような力があります。コスメと同じように色や質感にこだわってほしいという思いを、デザインに込めております。

ドイツ 1992年~

ルノアはシュトゥットガルトでスタートした、著名人にも愛されている世界有数の眼鏡ブランドです。美しいコレクションは、18~20世紀に存在していたアンティーク眼鏡の工芸的な美しいデザインに由来しております。 現代の技術を取り入れながらも、その時限りの流行には囚われないデザインです。 品質へのこだわりは1本のフレームにはマイスターにより200以上の作業工程を作られており、まさに「made in Germany」のアイウェアと言えます。 

日本

スペックエスパスは「空間・宇宙」などの構造・性能を意味し、フォルムが顔を包み込みもう一人の表情を見せてくれます。 特にサイドからの見た目の印象は今までになかった「モード」かもしれません。もひとつのこだわりは、純粋な「日本製」であることです。 福井県鯖江市のそれぞれの眼鏡工場では、精巧な技術を伝承しています。スペックエスパスには、そうした卓越したクラフトマン精神が脈々と息づいています。


日本 2000年~

金属材料商社と製造メーカー出身の二人が自ら見て、掛けて、触ってきた世界観(最適な設計と素材)をバックグラウンドに常に新しい物を追求する日本人の為の眼鏡ブランドです。 スタイリッシュなデザインはお仕事で便利に使えます、また強固な作りの眼鏡ですので、長くご愛用頂けます。

日本 2004年~

ハスキーノイズは女性のための眼鏡ブランドです。 上品でシンプル、可愛らしさを程よく織り込み、大人の女性がさらっと自然に掛けられる眼鏡です。 H-173は大人気モデルで再生産を繰り返して作られております、華奢な線に美しいカラーリングがほどこされて、女性の方が間違いなく好まれるデザインです。

日本 2000年~

クラシカルな要素を取り入れたシンプルスタイルのメタルフレームの眼鏡ブランドです。 シンプルな造形ながら強度と機能を併せ持っております。

日本 

グルーバーは一度は途絶えた関東の眼鏡生産技術を今に復活させた、川崎にある関東唯一の眼鏡工場「GYARD」で作られております。 伝統的な製法ながらユニークなデザインが多く、近年は海外でも評価が非常に高くなっております。

日本 2007年~

杉本圭は「何も語らずともフレーム自体が語ってくれる」確かな技術力から生まれた至極の一品です。プラアスティックフレームはエッジの効いた独創性のあるデザインに加え、1本1本職人の手によって磨き上げられ、杉本圭らしい「光沢」を実感できます。 

日本 2004年~

デザイナー丸井洋氏が手掛けるアイウェア「ラビリンス」は、4つのテーマに基づきデザインされております。【小顔に見える事】【顔に立体感が生まれる事】【目を大きく魅せること】そして最後【掛けた人がオーラを纏う事】です。 まさにアートのようなアイウェアがラビリンスの魅力です。

日本 1999年~

プロポは女性の方の為のアイウェアです。「いきすぎないデザイン」をコンセプトに、シンプルで美しいアイウェアをリリースし続けています。 

日本 2000年~

「心地良い眼鏡を、長く使い続けたい。」そんな想いから、2000年に『歩 アユミ』は誕生しました。アユミの眼鏡はセルロイド素材で作られており、肌馴染みの良い上質さを肌で感じられます。

日本 1998年~

フリーは掛けやすく、シンプルながら少しだけ遊び心がある女性の方にお薦めの眼鏡です。ソフトな掛け心地を実現した、大きくアーチを描くテンプルがフリーのアイコンのような存在です。 これは1本1本職人の手曲げによって作り出されております。 とても真面目にきちんと作られている、私たちも安心して取り扱える眼鏡ブランドです。

日本 1984年~

ボストンクラブは創立時のメーカー名を冠したアイウェアブランドです。当時の若者の間で流行していた少しルーズでクラシカルなスタイルを、今のデザインに落とし込んでおります。 同社で保管されていた約30年前の金型や図面を利用した優れたデザインの復刻を軸に、メイドインジャパンの新たなジャパニーズトラディショナルを提唱しております。